アメリカの「在庫あり」ならコチラっ | スミコ・リーパー

学者が書くような指導者向けの専門書ではありません。なかなかオススメのようですが、まだ到着していないのでわかりません。書いている事は分かりますが発音が教えられず使えないですとても読みやすいです。

1月30日 オススメ商品♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

アメリカ スミコ・リーパーアメリカの小学校ではこうやって英語を教えている [ スミコ・リーパー ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

全く英語嫌いで、発音にコンプレックスのある方には、内容が理解できてもお子さんに教えるのは難しいかと思います。「Qちゃん先生の子育てのヒント」に中身の画像など詳細を載せています。1歳の子を持つ普通の主婦です。指導法やレッスンプランも、詳しく書かれています。ぜひ英語子育て中のお母さん方や指導者の方に読んでいただきたい。要は、フォニックスを教える前に(うちの教室は、小3から本格的にやります)、絵カードを使って遊びながら音素を学び、聴覚を鍛えることです。読んでいる途中ですが、買ってよかった!う〜んこちらの商品は私は失敗だったかな?どう勉強するか?どう教えてるか?って内容の本なので、半分ぐらい読みましたが、その先はまだ読んでません。うちも新学期から幼児クラス〜低学年クラスにやってみたいと思っています。言葉を体得していくのは!どの言葉でも基本は同じですね。ある程度英語や発音について知識や興味がある方に。巻末には絵カードがついています。どうなんでしょうか。ただし!内容は素晴らしいです。よろしければ、ぜひお越しください!。実は私も!英語でphonemic awarenessとは聞いたことはありましたが!このように日本語で大衆にもわかりやすい書物で知ったのは初めて。子供の教科書として使えると思ったのですが!大人向きで使用できませんでした。色々書いてありましたが、結局はマザーグースを繰り返し聞くことで今はいいのかなと・・・。ただ、自分が幼い頃何もわからずに口ずさんでいたマザーグースがきちんと韻を踏んでいてそれが大切なんだということを知ることができたのはプラスでした。 中学校に入学すれば!英語は普通に教科のひとつとなっています。レッスンアイデアのため購入しました。英語講師をしています。タイトルだけから購入してしまいました。英語教育に携わっているいないにかかわらず!興味深い内容です。買う価値のある良い本です。だから!とてもわかりやすい。中身をもっと詳しく見れていたら購入してなかった本です。少しでも他の子のアドバンテージになればと思っていますが、やはり興味をひくことが重要になってきますね。でも、この本には、その基本を実際に行うのには、どうしたら良いのか?ということが書いてあり、大変参考になりました。大人が教えるうえでは勉強になります小学校の英語授業が義務化されるため、子どもと一緒に勉強しようと思い購入しました。これから英語講師になる方!小学校の先生方にはおすすめです。小学生高学年の子どもに、そろそろ英語を教えておかないとと思い、探し当てました。期待しています。